今回は「サッカーのルール」について解説を行います。

まだサッカーを知らない子供に教えるときに改めて教える時や競技が公平に行われているのかを確認するためにもルールを確認して楽しく観戦しましょう。

soccer

サッカーの基本的なルール

大きく言うとサッカーの基本的なルールはボールを制限時間内に足を使い、相手より多くゴールした方が勝利となるゲームです。

TV等で見ている限りではこのあたりまではわかると思います。

後は細かいところまでそれぞれ解説していきます。

サッカーのプレイする人数について

soccer

サッカーは11人対11人で対戦します。

他には主審1名・副審2名(配置されない場合もあるが)第4の審判1名が参加します。

試合中に交代できるメンバーは各チーム3人までで、一度交代した選手は再度交代はできません。

ただ、小学生では参加人数が異なり、日本では8人対8人で行う事が一般的です。

交代については制限なく自由に行う事が出来るのも特徴の一つです。

(ただ、大会などになると別に規約を設けている場合もあります。)

この様な措置は子供のサッカーは育成機関と捉え、より多くの子供にボールを触る経験を増やすことを目的としているからです。

また、日本以外では7人対7人や9人対9人といった対戦が主流です。

サッカーの試合時間について

プロの試合では試合時間は前半45分、後半45分、間にハーフタイムを挟み、その時間は15分を超えてはいけません。

別の年代では小学生が15~20分。中学生が30分。高校生が40分など大会の規約などによって統一はされていませんが、年代ごとで試合時間は異なります。

なぜかというとサッカーは試合の途中に試合時間流れを止めることが無く、プレー以外の事に使われた時間はアディショナルタイムとなり追加されるため、選手に休まる時間が無いため体力の懸念からそれぞれの年代で試合時間が異なります。

アディショナルタイムとは

昔は「ロスタイム」や「インジュリータイム」と言われてました。

サッカーは試合が開始されると選手がケガをして担架で運ばれるような事があっても試合時間を止めることなく進めるため、45分ハーフの中で5分間を別の事が行われた場合であれば45分を経過した後に主審の時計で5分を追加して試合を続行します。

試合が止まる要因としては「選手の交代」「飲水タイム」「クーリングブレイク」等があります。

アディショナルタイムを設けることにより、例えば勝っているチームが残り時間を選手交代を続けて行い勝ちを狙う。などの時間稼ぎ行為を防ぐためです。

追加する時間は主審の判断に委ねられており、アディショナルタイムが5分と出された場合は追加される時間は「5分から5分59秒の間」となります。

クーリングブレイクとは

クーリングブレイクとは字のごとく試合時の気温が高い時(摂氏32度以上の酷暑の場合)に熱中症対策のために前半と後半の30分の辺りに3分ほどの休憩を取ることを言います。

試合中は時計を止められないので試合が開始する前に両チームと審判などが判断し両チームに伝えます。

飲水タイムとは

クーリングブレイクと同じく熱中症対策の為に行われます。

飲水タイムは30秒から1分の間で行われ、その間は監督の指示を受けたり戦略を練ることはできません。

選手はコートから出ることはできず、ピッチのライン上に置いている水を飲むか、交代の選手からもらったものを飲むことになります。

ゴールにどこまで入ると得点が入るのか

soccer

ゴールネットが揺れるほどボールが入り込むと点数が入るのは分かりやすいですが

ルール上では得点として判断されるのはゴールに引いているラインに完全に内側にボールが入った場合が得点となります。

ライン上にボールが乗っている状態ではまだ得点になりません。

審判のジェスチャー

審判は円滑に試合が進むように選手のプレイを見ています。

ファールが行われた時に審判はそれぞれについてジャッジを行います。

・手を上にあげてファール宣言(直接フリーキック)

このファールからのプレイでは直接ゴールにボールを入れることが可能です。

・手を斜めに上げた状態からのファール宣言(間接フリーキック)

こちらのファールでは直接ゴールを狙う事はできません。

・ファールを発見したが、腕をまっすぐにのばした状態のジェスチャー(アドバンテージ)

腕を横に伸ばした場合はファールとは認めるが、試合を止めることなくプレイを続行する事を意味します。

なぜこのような判断になるかというと例えば攻撃側が有利な状況になった時に

守備側がファールをあえて行い、仲間が戻ってくるための時間稼ぎを行おうとしていると審判が判断した場合などはファールと判断はしますが、プレイを止めないという判断を行います。

おすすめカジノ

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー


最近の投稿

Aichihai

愛知杯|愛知杯の歴代優勝馬とレースを一挙紹介!

愛知杯 愛知杯は、1963年にレース創設され、中京競馬場を代表するハンデ重賞として定着し、1984年のグレード制導入時によりGⅢに格付けされました。 レースの開催時期により一級の馬のレース参加が少なく、条件馬でも勝利の可能性があるレースとなっています。 第6回(1968年)は開催が中止となり、2015年はレースは開催されなかった。 愛知杯のレース概要 愛知杯のレース当初は中京競馬場の砂の2000mで施行されていましたが、1970年に中京競馬場の芝コースができたので、芝の2000mで施行されるよになりました。 1972年から2003年まで父馬内国産馬限定の重賞レースでしたが、2004年から牝馬限定戦となり外国産馬の出走も可能になりました。 愛知杯の年表 1963年中京競馬場の砂2000mで第一回施行1968年開催中止1970年砂2000mから芝2000mにコース変更1972年父馬国産馬限定戦に変更される。1984年グレード制導入によりGⅢに格付けされる。1999年小倉競馬場の芝2000mで施行。2004年牝馬限定戦になる。混合レースになり外国産馬が出走可能になる。2006年国際競走となり外国調教馬(4頭まで)が出走可能になる。2007年外国調教馬の出走が8頭まで拡大する。2010年~2011年小倉競馬場の芝2000mで施行。2020年小倉競馬場の芝2000mで施行。 愛知杯の歴代優勝馬 回数施行日競馬場距離優勝馬タイム性齢優勝騎手調教師第1回1963年8月11日中京砂2000mバンダル02:05.0牡3浅見国一藤本冨良第2回1964年8月23日中京砂2000mコウタロー02:06.5牡4武邦彦柴田不二男第3回1965年12月26日中京砂2000mアオバ02:06.2牡3沢峰次森末之助第4回1966年12月18日中京砂2000mパラデイン02:09.0牡4矢野照正阿部正太郎第5回1967年12月17日中京砂2000mカブトザン02:06.6牡4小林常泰小西喜蔵第6回1968年12月15日中京砂2000m開催中止第7回1969年8月3日中京砂2000mグローブターフ02:04.5牝3佐々木昭次阿部正太郎第8回1970年12月20日中京2000mオウジャ02:01.8牡3古賀正俊古賀嘉蔵第9回1971年12月19日中京2000mスリービート02:01.5牡4稲部和久諏訪佐市第10回1972年12月3日中京2000mシンザンミサキ02:01.4牡3久保敏文久保道雄第11回1973年12月2日中京2000mシルバーランド01:59.9牡3高橋成忠佐藤勇第12回1974年12月22日中京2000mシルバーランド02:01.5牡4高橋成忠佐藤勇第13回1975年12月21日中京2000mイナボレス02:01.7牡6矢野一博大久保末吉第14回1976年12月19日中京2000mハードラーク02:00.9牡4増沢末夫久保田金造トウカンタケシバ同着牡3清水英次浅野武志第15回1977年12月18日中京2000mトウカンタケシバ02:03.3牡4野川秋良浅野武志第16回1978年12月17日中京2000mハシコトブキ02:01.7牡4安田伊佐夫内藤繁春第17回1979年12月16日中京2000mグレートタイタン02:01.2牡4武邦彦吉田三郎第18回1980年12月21日中京2000mウエスタンジョージ02:00.2牡4加用正北橋修二第19回1981年12月20日中京2000mヒヨシシカイナミ02:02.7牡4柴田政見柴田不二男第20回1982年12月5日中京2000mワイエムアロー02:00.7牡3田原成貴谷八郎第21回1983年12月4日中京2000mアローボヘミアン02:00.2牡4岩元市三梶与四松第22回1984年12月2日中京2000mキクノペガサス02:00.3牝3南井克巳宇田明彦第23回1985年12月1日中京2000mロングクイック02:01.3牡3内田国夫小野幸治第24回1986年11月30日中京2000mピーターホーラー02:00.0牡3飯田明弘荻野光男第25回1987年12月13日中京2000mピーターホーラー02:00.3牡4飯田明弘荻野光男第26回1988年12月11日中京2000mカツトクシン01:58.2牡3松永幹夫安田伊佐夫第27回1989年12月10日中京2000mグレートモンテ01:59.0牡4猿橋重利高橋成忠第28回1990年12月9日中京2000mホワイトアロー01:59.8牡3内田国夫小野幸治第29回1991年12月8日中京2000mヤマニンシアトル02:00.8牡4熊沢重文橋本寿正第30回1992年12月13日中京2000mヌエボトウショウ02:02.5牝5角田晃一渡辺栄第31回1993年12月12日中京2000mホマレオーカン02:00.6牡3菊沢隆徳柄崎孝第32回1994年12月11日中京2000mテンザンユタカ02:00.1牝3松永昌博松永善晴第33回1995年12月10日中京2000mサウンドバリヤー02:00.2牡3河北通小野幸治第34回1996年12月8日中京2000mファンドリショウリ02:00.8牡5宝来城多郎布施正第35回1997年12月7日中京2000mサクラエキスパート02:00.6牡4佐藤哲三佐々木晶三第36回1998年12月13日中京2000mカネトシガバナー02:01.6牡3秋山真一郎野村彰彦第37回1999年12月12日小倉2000mバンブーマリアッチ01:59.9牡4野元昭嘉梅内忍第38回2000年6月3日中京2000mトゥナンテ01:58.6牡5幸英明松元省一第39回2001年6月2日中京2000mグランドシンザン01:59.8セン7安藤勝己坂田正行第40回2002年6月2日中京2000mトウカイパルサー02:00.3牡6吉田稔松元茂樹第41回2003年6月8日中京2000mカゼニフカレテ01:59.7牡4吉田稔佐々木晶三第42回2004年6月6日中京2000mメモリーキアヌ02:00.6牝4秋山真一郎湯窪幸雄第43回2005年6月5日中京2000mマイネソーサリス02:01.3牝4安部幸夫佐々木晶三第44回2006年12月16日中京2000mアドマイヤキッス01:58.6牝3武豊松田博資第45回2007年12月15日中京2000mディアデラノビア01:58.9牝5C.ルメール角居勝彦第46回2008年12月20日中京2000mセラフィックロンプ01:59.2牝4宮崎北斗武藤善則第47回2009年12月19日中京2000mリトルアマポーラ01:59.7牝4中舘英二長浜博之第48回2010年12月19日小倉2000mセラフィックロンプ01:59.5牝6宮崎北斗武藤善則第49回2011年12月18日小倉2000mフミノイマージン01:59.4牝5太宰啓介本田優第50回2012年12月15日中京2000mエーシンメンフィス02:03.6牝4川須栄彦野中賢二第51回2013年12月14日中京2000mフーラブライド02:02.1牝4酒井学木原一良第52回2014年12月20日中京2000mディアデラマドレ02:04.4牝4藤岡康太角居勝彦第53回2016年1月16日中京2000mバウンスシャッセ01:58.8牝5田辺裕信藤沢和雄第54回2017年1月14日中京2000mマキシマムドパリ02:01.4牝5岩田康誠松元茂樹第55回2018年1月13日中京2000mエテルナミノル02:00.1牝5四位洋文本田優第56回2019年1月26日中京2000mワンブレスアウェイ02:00.0牝6津村明秀古賀慎明第57回2020年1月18日小倉2000mデンコウアンジュ02:01.1牝7柴田善臣荒川義之 ...
続きを読む-さらに読む
ข้อเสนอที่สำคัญที่สุดในการเดิมพันสล็อตออนไลน์ HappyLuke

ข้อเสนอที่สำคัญที่สุดในการเดิมพันสล็อตออนไลน์ HappyLuke

ประวัติของสล็อตแมชชีนนั้นค่อนข้างล่าสุดเมื่อเทียบกับเกมบนโต๊ะอื่น ๆ : มีหลายทฤษฎีเกี่ยวกับต้นกำเนิดของเครื่องที่มีเสียงดังเหล่านี้ที่ให้เหรียญจิงลิงเมื่อมีการรวมกันที่ชนะ ไม่ว่าในกรณีใดเรากำลังพูดถึงสิ่งประดิษฐ์ที่ย้อนกลับไปไม่เร็วกว่าศตวรรษที่ 17-18 ความสำเร็จในทันทีหลังจากการแนะนำของพวกเขาถูกทำซ้ำในเวอร์ชันออนไลน์: สล็อตออนไลน์ยังคงเป็นเกมโปรดของผู้เล่นคาสิโนเสมือนจริงทั่วโลกซึ่งห่างไกลจากความบันเทิงอื่น ๆ ดังนั้นจึงมีทฤษฎีและกลยุทธ์มากมายที่แพร่กระจายในหมู่คนวงในเกี่ยวกับวิธีชนะที่สล็อตซึ่งเป็นความฝันของผู้เล่นทุกคน ก่อนอื่นเราสามารถพูดได้ว่าเกมเหล่านี้ค่อนข้างเล่นง่าย แต่มีจังหวะน้อยกว่าเล็กน้อย เหตุผลหลักคือโชคมีบทบาทสำคัญในผลลัพธ์มากกว่าตัวอย่างเช่นการเล่น HappyLuke แต่กลยุทธ์ที่มีแนวโน้มที่รับประกันว่าจะชนะนั้นไม่เคยเกิดขึ้นจริงเนื่องจากเวรกรรมมีอำนาจสูงสุดและรับประกันได้ทุกการเดิมพันคือความเสี่ยง ...
続きを読む-さらに読む
Keiba

アルゼンチン共和国杯の過去のレースを勉強して勝利をつかもう!

アルゼンチン共和国杯の歴史 日本とアルゼンチンの友好と親善を目的として、アルゼンチン・ジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受けたのを記念し、1963年に「アルゼンチンジョッキークラブカップ」が創設された。 1974年にアルゼンチン競馬の管轄が国に移管されたことにより、翌1975年に現在の「アルゼンチン共和国杯」に改称された。 当初は春に別定戦として開催されていましたが、1984年に開催時期を秋に移行し、負担重量規定がハンデキャップに。 さらに、1984年のグレード制の導入によりG2に格付けされました。 現在はジャパンカップや有馬記念のステップレースとしており、多くの活躍馬を輩出している。 日本の国際交換レースとしては、最も古く、アルゼンチン側ではパレルモ競馬場でクラシコジャポンという交換レースが開催されています。 アルゼンチン共和国杯の年表で振り返る歴史 1963年 *「アルゼンチンジョッキークラブカップ」の競走名でレース創設。東京芝2300m     で第1回開催 1972年*混合競走となり外国産馬の出走が可能に 1975年*競走名を「アルゼンチン共和国杯」に変更 1984年 *グレード制導入。G2に格付け。     施行時期を春から秋に移行し、舞台を東京2500mに変更。 ...
続きを読む-さらに読む
keiba satsukisyo

皐月賞の歴史|過去80回のレースと競争条件・賞金を紹介

1939年に当時の日本競馬会がイギリスの2000ギニーに範をとり3歳牡馬・牝馬限定の競走【横浜農林省賞典四歳呼馬】を創設。 第一回は横浜競馬場の芝1850Mで施行された。東京優駿競走・阪神優駿牝馬(現優駿牝馬)・京都農林省賞典四歳呼馬(現菊花賞)・中山四歳牝馬特別(現桜花賞)とともに5大特殊競走として位置ずけられ、東京優駿競走・京都農林省賞典四歳呼馬とともに日本のクラシック三冠競走を確立した。 皐月賞の競走の条件 出走資格:サラ系3歳牡馬・牝馬(出走可能頭数18頭) ・JRA所属馬(外国産馬含む) ・地方競馬所属馬 ・外国調教馬(9頭まで、優先出走) 負担重量・定量 ・第1回は牡馬55㎏、牝馬53㎏、第2回~第6回は牡馬57㎏、牝馬55.5㎏ 皐月賞の優先出走権 出馬投票を行った外国馬は、優先出走できる。 JRA所属馬と地方競馬所属馬は、下表のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に優先出走権が与えられる。 競走名格競馬場距離必要な着順弥生賞ディープインパクト記念GⅡ中山競馬場芝2000M3着以内若葉ステークスL阪神競馬場芝2000M2着以内スプリングステークスGⅡ中山競馬場芝1800M3着以内 地方競馬所属馬は上記の競走で優先出走権を得た馬の他、JRAの2歳G1競走優勝馬、及びJRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。 皐月賞の賞金 ...
続きを読む-さらに読む
Hanshin Juvenile Fillies

阪神ジュベナイルフィリーズ|過去71回のレースとコース紹介

1949年に関西3歳馬(現行2歳)のチャンピオン決定戦として【阪神3歳ステークス】の名で創設され、阪神競馬場の芝1200mで開催されていましたが、1962年に芝1600mに変更されました。 1991年よりこのレースは、牝馬限定のチャンピオン戦となりレース名も【阪神3歳牝馬ステークス】に変更されました。 阪神ジュベナイルフィリーズのコース紹介 阪神競馬場の外回り1600mの右回りコースを使用します。 向正面の中間やや左より地点からスタートで、3コーナーまでの距離は、444m。コーナーは非常にゆったりとしていて、緩やかな下り坂になっています。 最後の直線は473.6m(コースA)で残り200m~80mの間は高低差1.8m(勾配1.5%)の急な坂が設置されています。 馬の実力がストレートに発揮サレルコースと言えます。 コース1周距離幅員直線距離高低差A2089m24~29m473.6m2.4mB2113.2m20~25m476.3m2.4m 阪神ジュベナイルフィリーズの賞金 1着 6500万円 2着 2600万円 3着 1600万円 4着 980万円 5着 650万円 阪神ジュベナイルフィリーズの歴史 ...
続きを読む-さらに読む

フードデリバリー業界の今

フードデリバリー業界の現状はどうなっているか ...
続きを読む-さらに読む

マックデリバリー

マックデリバリーについて ...
続きを読む-さらに読む